MATERIAL

①安全性赤ちゃんからお年寄りまで、幅広い層の方に安全です。

MA-T は様々な第三者検査機関における安全性試験の結果、極めて高い安全性が認証されました。

①皮膚一次刺激性試験 ※9 無刺激物
②眼刺激性試験 ※1 無刺激
③急性経口毒性試験 ※1 異常及び死亡例は認められない
④ヒトパッチ試験 ※2 一次刺激性は認められなかった(40名)
⑤皮膚感作性試験 ※2 皮膚感作性がない(24h/48h 平均0.0)
⑥復帰突然変異性試験 ※2 陰性であると判定
⑦連続皮膚刺激性試験 ※2 無刺激であると推察される(14日間)
⑧染色体異常試験 ※3 染色体異常誘発性はない
⑨MTT Assay 細胞毒性評価試験 ※4 細胞毒性は認められない
⑩急性吸入毒性試験 ※5 毒性が認められず(精製水と同等)
⑪金属腐蝕試験 ※5 水と同等レベル
⑫樹脂成型品の浸漬参考試験 ※6 22 品目影響なし
⑬医薬品等薬物検査 ※7 陰性であると判定
⑭含嗽法の安全性試験 ※8 安全であると判定

※試験での結果であり実際の環境によって異なる場合がございます。

●各種検証機関
※1(財)日本食品分析センター
※2(株)生活科学研究所
※3(株)日本バイオリサーチセンター
※4 国立大学法人 東京医科歯科大学
※5 日本歯科大学 生命歯学部
※6 他社試験
※7(財)競走馬理化学研究所
※8 国立病院機構 栃木病院
※9 株式会社 薬物安全性試験センター・吉見研究所

②安定性有機物に接触したときに、必要な分だけ反応します。

開封6ヶ月後の抗菌力評価試験試験機関 / エースネットラボ

  • 試験目的
    開封し2/3 使用後6ヶ月経過した製品で抗菌力評価試験を行った。
    (2009/08/28)
  • 試験測定時間5min
  • 試験機関: 社団法人
    京都微生物研究所
    (厚生労働大臣登録検査機関)

製造後6年経過試験試験機関 / エースネットラボ

  • 試験目的
    未開封6 年経過後の抗菌力評価試験
  • 試験測定時間5min
  • 試験機関:社団法人
    京都微生物研究所
    (厚生労働大臣登録検査機関)

③除菌力一般細菌からウィルスまで広範囲に反応します。

除 菌 / ウイルス除去 / カビ

MA-Tは各種試験において低い濃度で様々なウィルスを除菌することが確認されています。

  • 試験方法:MA-T / 10mL に107 の菌液0.1mL を接種し、経時的に生菌数を測定
  • 試験方法:TCID50法反応時間1分

抗菌力評価試験データ /(社)京都微生物研究所 検証
抗ウイルス試験データ / 国立大学法人 東京医科歯科大學 検証

④消臭力香りがないのに臭いが消えます。

消臭性能

芳香成分の入った一般的な除菌消臭剤と違い、ニオイの基を分解し、芳香剤との混合臭を発生させません。

消臭性試験データ /(財)日本紡績検査協会 検証

⑤有機化合物分解有機化合物分解 悪臭原因物質対策に。

タバコ臭や接着剤、ネイルリムーバーのような化学的で特異な刺激臭

悪臭原因物質4 成分に対して全ての項目で50% 以上の脱臭性能を示した、これより、当該成分に対して脱臭効果があると考えられる。

2015 年1月30日 発行番号 第14-2592 号

株式会社分析センター

⑥アレルゲン予防策があまりない花粉やダニアレルゲンの対策。

アレルゲンの測定

開始直後に明らかな反応が確認できた。

  • 試験目的:アレルゲンへの評価
  • 試験測定時間:0分 10分 30分
  • 濃度:100ppm

試験機関 / ㈶日本食品分析センター
※測定結果であり、病状の緩和を保証するものではありません。

他社製品との比較①日本の除菌・消臭剤市場

他社製品【1】(界面活性剤・シクロデキストリン)

菌を界面活性剤で包み込み除菌し、芳香で鼻腔神経に悪臭を感じさせないようにする考え方です。

時間の経過とともに油成分・芳香剤の成分が減退し
ニオイを感じる様になります。

他社製品【2】(アルコール・エタノール)

濃度の高いアルコール、エタノール製剤は揮発性が高く菌に接触する前に空気中で揮散してしまいます。

他社製品【3】(次亜塩素酸Na・二酸化塩素)

通常(保管)状態で活性種として存在します。
反応を制御できないため、反応があらゆる場所で進んでしまいます。

当社製品(MA-T)

通常では活性種はごく微量なだけ存在します。これがアンテナの役目をします。このアンテナは何もなければ消費しません。
菌やウィルスに対し、必要な時に必要なだけ反応が起こる全く新しい作用で、消費された分子はすぐに補充されます。

作用機序解明→大阪大学先導的学際研究機構・創薬サイエンス部門との共同開発

※ 分子構造のイラストはイメージです。

次亜塩素製剤

家庭用漂白剤と同じ成分です。強い除菌消臭効果があり、業務用除菌消臭剤として広く普及しています。菌との反応時にトリハロメタンという発癌性が疑われる物質の生成が見られる場合があります。また、金属や樹脂への腐食性・人体への粘膜・皮膚等への刺激性が強く環境負荷も高い成分です。液剤中の塩素が不安定なため、塩素臭がするのと長期保存ができません。

界面活性剤

家庭用台所洗剤と同じ成分です。菌を液剤で包み込み除菌します。一般細菌等、幅広い菌に対して有効です。使い続けると、生地や対象物の表面にベタツキが残ります。ウィルスやカビ等への効果は低い事が知られています。日本の除菌消臭剤の70%にはこの成分が配合されています。

他社二酸化塩素製剤

様々な菌やウィルスに対する除菌、消臭効果があります。液中の二酸化塩素が不安定なため揮散しやすく長期保存ができず、強い二酸化塩素臭がします。金属や樹脂への腐食性・人体への粘膜・皮膚等への刺激性が強く環境負荷も高い成分です。

他成分(シクロデキストリン)

植物由来成分、大豆由来成分、トウモロコシ由来成分等の成分表記のある製剤は、この成分だけでは除菌効果は少なく、多くは界面活性剤と混ぜ合わせて商品化されています。シクロデキストリンと言われるデンプン成分と同じで主には消臭機能があります。

アルコール製剤(エタノール)

濃度の高い(70%以上)この製剤ではウィルスも含めた高い除菌効果があります。アルコール製剤(エタノール)は浸漬(液体にひたす事)する事で効果を発揮します。スプレーで使用する場合は、菌やウィルスとの接触前に空気中に揮散してしまう場合が多く見受けられます。粘膜、皮膚等への刺激が強く、消臭効果はありません。

注意 Caution

他社除菌消臭剤のホームページや営業用資料等で具体的菌名(インフルエンザや大腸菌0-157、ノロウィルス等)を明記して試験結果を公表している事例が多く見受けられます。このような行為は国の定める薬機法に違反しています。また、アルコールや次亜塩素を使用した除菌消臭剤で食品添加物の登録があるので直接皮膚につけて使用しても大丈夫という表現も薬機法に抵触します。(動物に対しても同じです)弊社は法令順守の元、正しい情報を配信しています。詳しくは弊社ウェブサイト、FAQを御覧ください。
http://www.a2-care.co.jp/faq/

主な採用事例

ANA 国内線国際線機内

Peach 国内線国際線機内

セレッソ大阪

海上自衛隊

日本舞台芸術振興会

美容室 AFLOAT

日吉歯科診療所 汐留

アゴーラ・ホテルアライアンス