#27 花粉対策万全ですか?

待ち遠しい春の季節とともに同時に訪れるのは花粉ですよね。
予防策があまりなく、事後対策で悪化しないように防御することしかできないのも辛いところです。
花粉対策では当然マスクや眼鏡での防御と、目薬や点鼻薬で症状を緩和することが最も必要なことだと思います。
ですが、実は室内に入った花粉の対応策も非常に重要です。


mask_07
glass_07
man_07
drug_07

1日の中で花粉が最もひどく感じる時間帯は「起床時」。これは“モーニングアタック”と言われる起床時にくしゃみや鼻水が止まらなくなる現象で、起床時は体が無防備で室内への花粉の侵入経路は「玄関」「窓」「衣類」「洗濯物」が主だったところです。特に窓周りは、窓から30センチ以内の場所でベランダと同じくらいの量の花粉が検出された研究データもあるようです。花粉の時期はとにかく小まめに掃除することが室内で花粉を軽減させる基本です。花粉は、掃除せずにそのままにしておくと、乾燥して細かく砕けてハウスダストとして室内にとどまってしまい、花粉が砕けて小さい粒子になると、簡単な掃除ではなかなか除去できなくなります。室内のちょっとした日常動作や空気の流れで空気中に舞い上がり、落ちてくるまでに非常に時間がかかるため、屋外よりひどい環境になることも考えられます。そんな時は花粉への修飾効果のあるA2Careがオススメです。


img_01


img_01

花粉の時期にすべきこと−−−

花粉は春(スギ)の時期だけではなく、秋(ブタクサや芝)の花粉に反応する方もいますが、
室内に飛来してくるのはやはり春のスギ花粉です。
A2Careは徹底した第三者機関による人体及び周辺環境への安全性試験をクリアした花粉に効果的な商品です。

(人体への安全性は確認できておりますが化粧品・医薬部外品ではありませんので直接、皮膚等に使用することはできません。)

img_01 img_01 img_01 img_01