#24 サッカークラブ / セレッソ大阪

セレッソ大阪は1957年創部のヤンマーディーゼルサッカー部が前身となり、1995年にJリーグへ加盟した名門チームです。

チーム名の「セレッソ(Cerezo)」はスペイン語で「桜」を意味し、また「桜」は大阪の「市花」でもあり、大阪市そして日本を代表するチームになるよう願いが込められているそうです。また、セレッソ大阪は下部組織からの選手育成にも定評があり、現日本代表で10番を背負い、ドイツでも大活躍している香川真司選手を始め、数々の日本代表選手や海外リーグで活躍している選手を輩出しているチームです。

24_1 24_2 24_3
セレッソ大阪では、トップチームから下部組織の選手の全員が使用するクラブハウス内で、A2Careを使用して頂いています。
A2Careが、セレッソ大阪のクラブハウスでどのように使用され、役に立っているか、お話しを伺ってきました。

セレッソ大阪は、トップ、U-18、U-15、西U-15、和歌山U-15、U-12、レディース、ガールズから構成され、現在、約310名の幅広い世代の選手が在籍しています。

クラブハウスには、所属される全選手やランニングクラブ等に参加される一般の方が使用できるミーティングスペース・更衣室やラボ等の共用施設があり、トレーニング後のロッカーの匂い等が気になる様な場合があるそうで、そんな時はA2Careが大活躍しているとの事です。少ない量でもしっかり消臭できるのが気に入って頂いている理由で、練習着などの汗の匂いだけでなく、ミーティングルームでのお弁当を食べ終わった後の匂い等にも効果的であるとの事で、とても喜んでお使い頂いています。

24_5 24_4 24_6
また、選手たちは海外遠征に行くことも多くあるそうで、選手たちの現地での衛生管理にもA2Careを使用頂いているとの事です。

慣れない海外では、選手たちは体調を崩す事も有る様で、A2Careの高い除菌消臭力は体調管理に非常に役に立っているとの事です。
これまでは除菌剤と消臭剤の2種類を海外遠征には持っていかれたそうですが、A2Careは一つで除菌と消臭の両方の効果があり、荷物を少なくする事ができたそうです。
今では、どの世代のチームが海外遠征に行く時でも、A2Careを持って行くように推奨頂いているとの事です。

24_7 24_8 24_9
また、このクラブハウスでは、2015年8月にオープンした選手たちも訪れる「セレッソの森CAFE」が併設されていて、椅子には当時と同じデザインの背番号と選手の直筆サインが入っているものもあり、一見の価値がありました。

飲食スペースでは、様々な匂いや除菌に対して対応されており、今後は置型タイプのA2Careの自動噴霧器の導入をご検討頂く事になっております。

24_10 24_11 24_12
「セレッソの森CAFE」

2月28日より開幕する明治安田生命J2リーグ。
J1を目指して頑張って下さい!A2Careはセレッソ大阪をこれからも応援していきたいと思います!